- キャッシング

中小消費者金融は万が一の際に、任意整理に応じてくれないケースがある!

銀行や大手消費者金融、中小消費者金融でキャッシングをする場合、あくまで返済出来ることが条件で契約することになります。
しかし、経済状況の悪化や健康面での問題から返済不能になることがあります。
銀行カードローンの場合、万が一返済が出来なくなった際は保証会社が一時的に返済を行い、保証会社に返済をする事になります。
また、貸倒リスクも考慮されており、自己破産や民事再生、任意整理などといったことも考慮されています。
そのため、任意整理の場合であっても、経過利息と元本を返済することで将来利息のカットが期待できます。

ですが、中小消費者金融の場合、1件の貸倒は財務状況の悪化に繋がるため、任意整理に応じないケースがあります。
会社方針として、一切応じないというケースがあるため、中小消費者金融を利用する場合は万が一のリスクを考慮する必要があります。
もし、やむ負えない理由がある場合、手続きの長期化を避けるためには、自己破産や民事再生を最初から選んだ方がよい場合もあります。

例えば、中小消費者金融からしか借り入れが無い場合、ブラックリストに載る期間やダメージは最小限に留めることができるため、債務整理手続きの長期化による費用増加を避けることがおすすめです。