専業主婦がカードローンを利用する時の注意点

専業主婦は収入がないので総量規制の対象となっている消費者金融を利用する事が出来ません。しかし銀行のカードローンは配偶者に安定した収入があるという条件で専業主婦の利用が可能になっている事もあります。専業主婦がカードローンを利用する時は銀行になりますが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。

・配偶者がキャッシングをしている場合は利用する事が出来ない可能性が高い

専業主婦がカードローンを利用する時は配偶者に安定した収入がある事が条件となっていますが、配偶者がキャッシングをしていると返済能力を疑われてしまいます。それにより業者側からの印象が悪くなってしまうので審査が否決されて利用する事が出来ない可能性が高いです。専業主婦がカードローンを利用する時は配偶者がキャッシングをしていない事を確認してからにしましょう。

・限度額は大幅に少なくなる

専業主婦がカードローンを利用する時は通常の時より限度額が低く設定されます。限度額は最大で30~50万円になる事がほとんどなので専業主婦がカードローンを利用する時は多額の借り入れが出来ない事をしっかり頭に入れておきましょう。またリスクを冒さないために借りたお金は早めに返済するようにしましょう。