- キャッシング

消費者金融で借り入れをする場合

消費者金融で借り入れをする場合、審査が必要です。審査はどのように行われているのでしょう。

借り入れの申し込みがあった際に、まず調査機関に調査を依頼します。

なお調査機関は数団体あります。

まずは氏名年齢などの個人情報、次に他に借り入れがないかということです。

この場合の借り入れとはお金の貸し借りだけでは無くカードのショッピング利用、携帯電話料金の支払い状況なども含まれます。

ここで仮にショッピングで支払いが一度数か月遅れてしまっただけで最低1年はその情報が残ります。

そして最も問題となるのが金融事故情報です。

金融事故情報とは、かつて他社で借り入れをした際に延滞などを起こしていないかということです。

一度延滞を起こしてしまうと数年はその情報が残ります。

すなわち数年間は信用に瑕がついてしまうのです。

ここで借り入れ不可になるケースも多いです。

また消費者金融には総量規制といって借入枠は年収の3分の1までと決まっています。

他社に借り入れがある場合は、その分も含めて年収の3分の1までしか認められません。

借入金額だけでなく、借り入れしている会社の数が多いのもマイナス材料になりえます。

ただ基本的には延滞がなければ年収の3分の1までは借り入れ可能になると考えてよいでしょう。