- キャッシング

カードローンのメリットとデメリット

昔と違ってお金を借りることに恥ずかしさやためらいが少なくなっているせいか、空前のカードローンブームとなっています。
そこでカードローンの利用を考えている方に、カードローンのメリットとデメリットを紹介します。

まずカードローンは、家族で内緒に借りられることが可能となっています。身内にお金を借りたら、利息を支払わなくても済むかもしれません。
しかしお金の貸し借りはトラブルの元となり、人間関係をこじらせるかもしれません。その点カードローンは、誰にも気兼ねすることなく自己責任でお金を借りられるのです。
またカードローンは一度審査に通りさえすれば、融資限度額の範囲で何度でも利用できます。
提携銀行やコンビニATMから簡単にお金を借りられるのです。

次にカードローンのデメリットは、金利が住宅ローンなどに比べて非常に高いことです。100万円までの借り入れなら、消費者金融で年18%、銀行カードローンで年約15%となっています。
10万円程度の借り入れならそれほど気になりませんが、100万円ともなると年15万円~18万円の利息を支払う必要があります。

また金融機関が定める約定返済額は少額で返済しやすいのですが、返済回数が増えて結局支払う利息の総額が知らないうちに非常に多くなるのです。
繰り上げ返済のテクニックなどを学び、上手にカードローンを利用する必要があります。